夏は押さえておきたい!虫に刺されたら確認したいポイント!

夏は押さえておきたい!虫に刺されたら確認したいポイント!

 

[虫に刺されたら確認すること]

虫に刺されると必ず経験することは皮膚トラブルです。虫刺されによる発疹、腫れ、かゆみなど様々な症状が現れます。 虫刺されのによって起きる症状は, 虫が持っている毒や、虫の唾液による皮膚がアレルギー反応を起こすためと言われております。

 

皮膚アレルギーの反応は、刺されて直ぐに起こる、即時型反応と、刺されて1~2日後に起こる遅延型反応があるのです。 虫刺されと言っても、虫に刺されている所を目撃することはあまりありません。そのため何の虫に刺されたのか分からない事が多いのです。一番多く刺されるのが多いのは、蚊によるものです。

 

 

「日常生活で刺されやすい虫」

室内、野外どこにでも生息しています。刺されて直ぐに発疹が出て痒くなる即時型反応と、1~2日後に症状がでる遅延型反応があります。 ・ブユ: 高原や山沿いに生息しております。半日ほどで発疹があらわれ、強いかゆみと赤みと腫れが出てくるのです。

 

 

アブ

牧場など牛や馬のいる場所に多く生息しております。強い痛みを感じ、赤く腫れかゆみもあらわれます。微熱が出ることもあります。

 

 

イエダニ

ネズミなどに生息しておりますが、家の中の布団など生息しております。脇腹や太ももの内側が刺されやすく、半日〜1日後に発疹とかゆみをあらわれます。