ダニから身を守る!これが噂のアレルゲン測定方法!

ダニから身を守る!これが噂のアレルゲン測定方法!

 

ダニは梅雨の時期から夏の季節、高温多湿になると活発に活動し、人を刺したりアレルギー症状の原因物質(アレルゲン)になってしまいます。その為ご家庭にアレルギーをお持ちの方がらしたり、小さなお子様がいるご家庭では、アレルゲンの量をきちんと把握し、室内の汚染対策を立てておく事が必要になります。

 

現在ではこのアレルゲンの測定が非常に簡易的にできる様になっておりますので、ダニ等が原因のアレルギーでお悩みの方は一度室内のアレルゲンの量を測定して見る事をお薦めします。

 

 

【室内のダニアレルゲン量を測定する方法】

現在では大変簡単に室内のアレルゲンの量を測定する事が出来ます。最も簡単な方法は、ELISA法(酵素免疫測定法)やアカレックステスト法と言われる簡易測定法です。これらの測定法はアレルゲン測定用キットが市販されており、ご自身で室内のアレルゲン量の測定ができます。

 

これらの方法はあくまでも簡易的な測定法ですので、専門業者等に依頼する事も出来ます。専門業者に依頼した場合には、掃除機で室内のじゅうたんや布団等のホコリを吸い取り、業者に送る事で判定してくれます。採取したホコリにアレルゲンに特別に反応する酵素を使用し、アレルゲンの量を数値化してくれます。しかもアレルゲン量の評価基準も国際的な標準値と照らし合わせますので、安心して調査を行う事が出来ます。