ダニシートの効果を過信するのは危険!捕獲できるダニに制限が!?

ダニシートの効果を過信するのは危険!捕獲できるダニに制限が!?

 

ダニシートと一言で言っても、その種類によって捕獲できるダニに違いがあるのです。

 

 

【ダニシートが捕獲できるダニとは】

基本的にダニシートが捕獲できるダニとして言われてるのが、アレルギーを起こす「チリダニ」がほとんどで、人を刺してしまう「ツメダニ」については市販のダニシートで捕獲することはできないのです。

 

よって、ダニシートは全てのダニを捕獲対象にしているものではなく、捕獲できるダニに違いがあることが分かります。捕獲できるダニはチリダニで、ツメダニはほとんどのダニシートで捕獲できないので、もしダニの種類がツメダニだった場合はダニシートを使用していてもほぼ効果が期待できないのが現実です。

 

 

【ダニシートの使い方】

チリダニは捕獲できるけど、ツメダニはほとんど捕獲できないのなら使ってても意味がないのではと思われるかもしれませんが、チリダニを繁殖させなければチリダニは寄ってきません。チリダニが繁殖することでツメダニを呼んでしまうので、チリダニを繁殖させないことが大切です。

 

チリダニはダニシートで捕獲してくれるので、こまめな掃除とダニシートを併用して行うと、チリダニの発生を防ぐことができ、ツメダニも発生しにくくなるのです。そういった意味ではダニシートを使用する意味はあると言えます。

 

ですが、ダニシートは全てのダニに対して捕獲してくれるものではないということを覚えておくことは大切と言えます。

 

 

【ツメダニを捕獲できるダニシート】

 

上述したように市販のダニシートでは人を刺すツメダニを捕獲することができません。仮にあったとしても第三者機関の捕獲検査などがないので、非常に信用が低いものになってしまいます。そうなると刺されるとという緊急事態に困ってしまうことになりますよね。

 

そんな中ダニ捕りロボというものでしたら、アレルギーの原因になるチリダニだけでなく、人を刺すツメダニも設置するだけで捕獲することができます。

 

また、独自にダニを捕獲実験をしており、その実験結果はダニの増殖抑制率100%を達成しているようです。

 

 

人を刺すツメダニを捕獲することに加えて、ダニ増殖させないというダニシートなので価格は高くなってしまいますが、現在ダニによる被害を受けている人や、将来ダニが身体に及ぼす影響を考える人にとっては値段以上のお得感があるのではないでしょうか。

 

 

≪ツメダニも捕獲できるダニシート≫