ダニの発生条件はこれだ!条件が揃い易いのはタンスや収納!?

ダニの発生条件はこれだ!条件が揃い易いのはタンスや収納!?

 

きれいにしているつもりでも自宅に潜んでいるのがダニですよね。目に見えない小さな生き物なので、ついつい大丈夫だと油断しがちですが、ダニの死骸や糞はアレルギー性の疾患を招く可能性があります。そのような自宅に潜むダニが好む条件をご紹介したいと思います。

 

 

【湿度】

ダニが繁殖するために最も好むのは湿度です。ダニが繁殖するには60%以上の湿気が必要で、湿度を低く抑えることはダニ対策のポイントになのです。また、タンスや収納、布団の中やソファーは室内の湿度よりも高くなりやすいので要注意です。

 

 

【温度】

湿度と同じくダニが繁殖するには25度〜28度が条件です。温度が低いと繁殖はしませんが、死滅するわけではないので注意が必要です。また、湿度と同じく、室内の温度だけでなくタンスや収納内の温度が重要になってきます。

 

 

【エサ】

ダニのエサは人のフケやアカ、食べ物のカス、床や壁のカビなどです。衣替えなどで収納した衣類にフケやアカが付着しているとダニのエサになってしまうので要注意です。

 

 

【隙間】

ダニは小さな生き物なので、ヒトが意識しない小さな隙間さえあれば生きることができます。

 

 

【まとめ】

以上の条件がそろう場所があればダニは生きることができ繁殖します。特に衣類を収納しているタンスや収納、天日干しをしていない布団は要注意です。